How to TADOKU

『多読絵本』はやっぱり楽しい!

〜オススメの絵本〜

アメリカの子どもたちが日常的に読む絵本には、私たち学習者が絵から内容が容易に想像できて多少知らない単語があっても、全体の意味がわかるような本が多いです。

そこで、初期の英語学習者の方にオススメの

アイキャンリード(ICR)0~3、

イージートゥリード(PER)1~3、

オールアボード(AAR)1~3、

ハローリーダー(HLR)0~4、

の中から、YL0.3-0.5の絵本をいくつかご紹介します!

 

アイキャンリード(ICR)0~3

ICR0 『Oh,Cats!』YL0.3 90語 Sさん(社会人・女性)

主人公は、猫が大好き!猫たちも彼女が大好き!動きのある絵で、のびのびと楽しく読めます。

ICR1 『A Kiss for Little Bear』YL0.4 300語 Mさん(社会人・女性)

話がめちゃかわいいです。

語数が少なくて字も大きかったので、娘(中学3年)と一緒に絵本を見るような感覚で読んだのですが、娘にも大ウケ。

「これは、なんたって★5つでしょう!」と私の中で即決まりましたねっ。

イージートゥリード(PER)1~3

PER1 『Tiny’s Bath』 YL0.3 500語 Tさん(社会人・男性)

ねずみが好きな猫って・・・。

でも、Brown さんにねずみを獲るように言われた黒猫には別の計画がありました。

さて、それは・・・。

オールアボード(AAR)1~3

AAR1 『Who Stole the Cookies?』 YL0.4 150語 Tさん(社会人・男性)

クッキー・ジャーからクッキーを盗んだのは誰?犯人探しが続く。

Who,me? Yes,you. Not me. Then who?

易しい、優しい絵本です。

ハローリーダー(HLR)0~4

HLR0 『A Funny Man』 YL0.3 60語 Mさん(社会人・女性)

へんてこな男がいました。

もう何もかもへんてこで・・・一言で言えば、ハチャメチャな世界です。

でも、彼の豪快で天真爛漫な笑い顔を見ると、思わず一緒に「あははは…」と笑いたくなってくるから不思議です。

HLR1 『Footprints in the Snow』 YL0.3 39語 Tさん(社会人・男性)

森の動物が吹雪の中ですみかに戻る様子が、絵と数語の文で表現されています。

わからない単語があっても、絵を見れば何を意味しているのかがわかります。

HLR2 『All Tutus Should Be Pink』 YL0.4 240語 Mさん(社会人・女性)

主人公はバレエを習っている女の子。

ピンクのチュチュがお気に入り。

親友のエミリーといっしょに楽しく練習したり、遊んだり・・・。

なぜ、チュチュはピンクがいいのか?最後を読めばわかります。

ワイズマン・イングリッシュは、長崎で学べる新感覚の英会話スクールです。英語教室や学習塾などの講義スタイルでなく、大人から子供まで英語力に関係なく学べる学習法を取り入れています。

ワイズマン・イングリッシュでは、『楽しい多読絵本』を実際に体験できる無料ワークショップを随時開催していますので、ぜひご参加ください!