英語学習コラム

英語を使うには「読む」のがイチバン!

英語の勉強はやめて、英語を使いましょう

英語はただ単に「勉強」するものではなく、それを使ってコミュニケーションしたり、新聞や本、インターネットサイトやブログを読んだりするための「手段」なのです。

「勉強」という意識では、勉強しているとき以外の時間に英語に触れることがなくなり、遅かれ早かれ行き詰まってしまうでしょう。

英語ができるようになるためには、英語を「勉強する」ことではなく、英語を「使う」ことへの方向転換が必要なのです。

英語を使うにはどうすればいいのか?

では、英語を「使う」には、具体的にどのようにすればいいのでしょう?
たとえば、

・テレビでCNNニュースなどの英語ニュースを観る
・英文で日記を書く
・英文でTwitterを読む、書く
・動画サイトで英語のプレゼンテーションを観る
・好きな洋画や海外ドラマをDVDで借りて観る
・毎日、英字新聞を読む
・毎週”TIME”や”Newsweek”などの英文雑誌を読む

そのほかにも、いろいろな英語を「使う」例が考えられるでしょう。
あなたが実際に日常生活のなかで楽に継続できるのであれば、なんでも構いません

大事なことは”英語を勉強するため”ではなく、あなたが”それ自体をやりたいと思っている”ことです。そうでないと、短い期間ならともかく、決して長続きしません。

「読む」「聞く」「話す」「書く」で 楽 なのは

「読む、聞く、話す、書く」の中で敷居の低い簡単なものはなんでしょう?

答えは、読むことです

洋画を見る時に字幕を読めないのに、セリフを聞き取ることができるでしょうか?
スピーチをする時にメモを読めないのにその内容を話せるのでしょうか?
英文を読めないのに書くことができるのでしょうか?

「読む」ことは、「聞く」「話す」「書く」すべての前提条件なのです。

「話す」ことは、ネイティブの人が近くにいなかったり、間違えることに恥ずかしさがあったりします。

「聞く」ことは、ラジオやテレビ、映画であれば恥ずかしさはないのですが、分からないと思っている間にもどんどん先に進んでしまいます。

「書く」ことは、どんなに書き慣れている人でも、読むより書くほうが速い人はいないでしょう。

英語を「読む」ことが、一番簡単なのです。

今では、あなたの必要としている分野、好きな分野の英語の本を簡単に見つけられ、手に入れられるようになっています。
ぜひ英語を習得できるチャンスをものにしましょう。

ワイズマン・イングリッシュは、長崎で学べる新感覚の英会話スクールです。英語教室や学習塾などの講義スタイルでなく、大人から子供まで英語力に関係なく学べる学習法を取り入れています。

ワイズマン・イングリッシュでは、「英語を読む」ことを効果的に実践した無料の多読ワークショップを開催していますので、ぜひご参加ください!