英語学習コラム

ビジネスも大学入試も『読む力』が求められる

文意分析から文意把握へ

今現在、インターネットの普及に伴い、ビジネスをめぐる環境は複雑多岐にわたるようになり、得るべき知識、得られる情報の量は格段に増えています。

私たちはこれまで以上に母語・外国語を問わず「読む力」を求められているのです。あふれんばかりの情報を読みこなし、必要なものを抽出できるだけの情報処理能力を身につけるには、「多読」を通じて大量に読むことに慣れる必要があるのです。

また、TOEICやTOEFLといった英語能力試験においても、大学入試においても、リーディングのボリュームが増えつつあり、従来型の「文意の分析」ではなく「大意の把握」という能力が問われるようになってきています。

夏目漱石、灘中高校長も支持した『多読』

英語学習において「多読」が非常に効果的であることは、夏目漱石、丸山真男ら、実は今までも多くの先人達が強調してきていました。

灘中学・高等学校(神戸市東灘区)の和田孫博校長も、英語教師としての立場から「多読」の重要性を唱えているのです。同校では近年海外の大学や大学院へ進学する卒業生が増えつつあり、英語で「読む力」をつけて送り出してやることが不可欠だと述べられています。

また、数学を中心に、大学入学後も見据えた高度な学力指導で評判・実績ともに高い進学塾SEG(東京都新宿区)でも、古川昭夫代表が英語指導のメソッドとして積極的に「多読」を取り入れています。それが『SSSメソッド』なのです。

英語でしか手に入らない情報もある

海外では大きなニュースになっていても、日本ではほとんど報道されていなかったり、扱いが小さくて目に入ってこないことがあります。

日本のニュース・報道番組を見るといつも感じると思いますが、芸能ネタやニュース以外の内容が多くて、海外のニュースはあまり報道されません。

また、日本がニュースの当事者の場合は、英語で(海外で)報道されている内容と、日本で(日本語で)報道されている内容が違っている、ということも結構あります。

特に日本に不利益になりそうなニュースの場合によくあるのですが、それを考えると海外の報道と日本の報道の両方を客観的に見る重要性を感じますし、英語が読めることによって初めて気づくことができるのだと改めて痛感します。

ワイズマン・イングリッシュは、長崎で学べる新感覚の英会話スクールです。英語教室や学習塾などの講義スタイルでなく、大人から子供まで英語力に関係なく学べる学習法を取り入れています。

ワイズマン・イングリッシュでは、本当に「読む力」が伸びる学習法『多読』を体験できる無料ワークショップを開催していますので、ぜひご参加ください!

引用元:http://www.buaiso.net/column/kyouiku-ishin/1109/
https://kiwi-english.net/1539/ より