英語学習コラム

『多読』が4/9ニューズウィークの特集に掲載されました!

ニューズウィーク日本版「日本人が知らない品格の英語」の科学が教える効果的学習法に掲載されました。

英語の習得への道のりは険しくてつらいもの…という思い込みを一変させる学習法として『多読』が注目を集めています。

読書を楽しむだけで英語力が伸びるなんて、たしかに信じがたいものかもしれません。しかし、母語にしても外国語にしても言語の習得にはまず「聴く」「読む」を通して十分なインプットを行うプロセスが不可欠なのです。

学校教育を含めて、日本人の英語学習ではこのインプットが圧倒的に不足しています。

読書を通じて大量の英語に触れる事で単語の意味や使われる場面、ニュアンスなどが体にしみ込んでいき、結果として砂上の楼閣ではない本物の英語力の土台が築かれるのです。

効果が実感できる単語数の目安は100万語(中学校の英語教科書の単語数は3年間で約5000語しかない)です。とても無理だと思うでしょうが、多読に向くのは何度もお伝えしているとおり、日本語に訳さなくてもすらすら理解できるほどの平易な英文なので心配はいりません。

英語力の高低に関わらず、誰でも簡単な絵本から読み始めればいいです。知らない単語があっても辞書を引かずに読み飛ばし、楽しくないと感じた本は途中でやめて構いません。

そうすることで「文法を解析し、日本語に訳しながら読む」という長年の癖がリセットされ、英語を英語のままで理解するという感覚になれていくのです。

日本語を介さず素早く理解できれば、瞬時に音が消えるリスニングでも余裕が生まれて、結果的にTOEICなどのスコアにも好影響を及ぼします。(多読教材に付属の音声CDを聞きながら読書をするのも効果的です。)

英語学習は苦行だというイメージからはなれ、簡単に読めるレベルの本を楽しく読み続けることが大切です。

遠回りに見えるかもしれないですが、その方が結果的には近道になると言う事が何千人もの実践で証明されています。

ワイズマン・イングリッシュは、長崎で学べる新感覚の英会話スクールです。英語教室や学習塾などの講義スタイルでなく、大人から子供まで英語力に関係なく学べる学習法を取り入れています。

ワイズマン・イングリッシュでは、英語習得への近道である『多読』を実際に体験できる無料ワークショップを随時開催していますので、ぜひお気軽にご参加ください。