How to TADOKU

多読実践者の声 -Part.3-

多読実践者の中からいただいた言葉の中から抜粋してご紹介いたします。
本当に力のつく『多読』に興味を持っていただけると幸いです。

リアルな表現や発想を得られた

S.K.
東京大学文科Ⅰ類 2018年4月進学

高2までの多読の授業で実際の英語に触れることで、スピーキング、ライティング、リスニングの力が大きく伸びた。多読によって読むスピードが上がり、リスニングの対応力もついた。リアルな表現や発想を得ることができた。

 

楽しみながら自然と英語力もついてくる一石二鳥の授業

I.S.
東京医科大学医学部 2018年4月進学

英語は私大医学部を受けるうえで最も重要な科目です。どの大学でも“精読型”でなく“多読型”の出題がされ、解ききれない受験生もいるほど大量の読解問題が出題されますが、私は英語を一番の武器にして挑みました。そして多読で身につけた力は医師を目指すうえでもかなり役立つと確信しています。

他の大手予備校で精読の授業を受けたこともありますが、英語を学ぶにはSEGが最適だと自信を持って言えます。先生方は生徒に合った様々なジャンルの本を勧めてくださりますが、それらを読むことで自分の世界を広げつつ、楽しみながら自然と英語力もついてくる一石二鳥以上の授業、それが多読です。最近は自由英作文を要求する大学も増えていますが、それは多読をして十分に基礎を作れます。これからは読む・聞くに加え、話す・書くが必要とされる“4技能”の時代になります。ぜひ積極的に取り組んでください。

 

達成感があり、読んでいくのが楽しくなる

S.Y.
福島県立医科大医学部 2018年4月進学

中学生の頃から学校で言われたとおりに学習していましたが、なかなか長文が読めるようになりませんでした。その時に多読について知りました。
最初はとても簡単な絵本から読み始めるので、馬鹿にしているのかと感じますが、徐々に難易度は上がっていくので心配はないです。むしろ達成感があり、読んでいくのが楽しくなります。また、驚くほど英語の成績も上がっていくので、とても効果的な学習法だと感じました。リスニングの課せられるセンター試験はもちろんのこと、東大などの2次試験でリスニングがある学校でも、教材に付属しているCD を用いることで対策できます。

ワイズマン・イングリッシュは、長崎で学べる新感覚の英会話スクールです。英語教室や学習塾などの講義スタイルでなく、大人から子供まで英語力に関係なく学べる学習法を取り入れています。

ワイズマン・イングリッシュでは、実際に多読を体験し、実践者の生の声を聞ける無料のワークショップを随時開催していますので、ぜひお気軽にご参加ください。

引用元:https://www.seg.co.jp/tadoku/2018/goukaku-taikenki.html
SEG英語多読コース 卒業生からのメッセージ より