英語学習コラム

「英語脳」を作るには『多読』がベスト!

英語学習をしている人なら誰にでも立ちはだかる壁。

「自分にはセンスがないのかもしれない…」
「もうこれ以上頑張れない…」「英語が嫌いになりそう…」

そう感じて英語学習をやめてしまった人や、今まさに英語にくじけそうになっている人は少なくないはずです。勉強でも仕事でも、スランプという壁はいつも私たちの前に立ちはだかります。
では、そのスランプを乗り越え、ワンランク上の英語力を身につけるためにはどうすればいいのでしょうか。
その答えも、やはり「多読」にありました。

誰もがつまずく言語係数0.3の壁

英語を習得しようとするとき、初めのうちは勉強すればやった文だけ英語力が伸びますし、自分もそれを実感することができます。

しかし、「ある程度のレベル」までいくとそこからなかなか伸びなくなってしまいます。これはたとえ海外留学をしていても同じことです。

ここで言う「ある程度」の英語力とは、個人差はあるものの、英語を使ってレストランでオーダーできたり、道案内ができたり、友達や家族の紹介ができる程度のレベルを指します。

しかしながら、趣味や仕事の話を少し掘り下げられると、途端についていけなくなってしまう。留学している人なら、語学学校の先生はゆっくりと簡単な英語で話してくれるので理解できるが、ネイティブがネイティブスピードで話すことはさっぱり分からないという状態も当てはまるでしょう。

そのような英語力の「壁」のことを、35年以上にわたって”使える英語”の教授法を研究されてきた遠藤尚雄氏(※)は、「言語係数0.3」と表現しています

言語係数とは言語能力を計る指標で、相手の言ってることを一回聞いただけで全て理解でき、また自分の考え方も全て伝えることができる状態のことを言語係数1と定義しています。つまり多くの日本人の日本語言語係数は1ということになります。

※遠藤尚雄氏
元ファナック株式会社 常務取締役
独学で習得した英語力を武器に世界で活躍。ファナック、富士通、本田技研などの大手企業の海外赴任者向けの英会話教育に従事。現在も日本の英語力を上げるべく活動中。著書に『英語は独学に限る』、『英語脳DVD BOOK』などあり。

あなたの英語力は言語係数0.3より上?下?

ある日本人の英語言語係数が0.3であるということは、英語を用いて自分の考えを3割しか伝えることができず、英語で言われたことを3割しか理解できない状態を指します。

言語係数が0.3でも繰り返し言ってもらえば、相手のいうことを7割くらいは理解できることもあるでしょう。

この「言語係数0.3」という習熟レベルを厳密に定義するのは難しいですが、だいたいの人の英語力がこのレベルにおいて頭打ちになることが多いようです。

たとえ商社などの駐在員で海外で数年以上生活している人でも、言語係数0.3でとどまっている人は多いのだそう。

そのような英語力の人たちでも、英語のできない日本人から見れば、ペラペラに見えるかもしれませんし、本人も自分の英語力を過剰評価してしまっている場合が少なくありません。

 

英語脳」を作るには『多読』がベスト!-Part.2- へ

ワイズマン・イングリッシュは、長崎で学べる新感覚の英会話スクールです。英語教室や学習塾などの講義スタイルでなく、大人から子供まで英語力に関係なく学べる学習法を取り入れています。

ワイズマン・イングリッシュでは、『多読』を実際に体験できる無料ワークショップを随時開催していますので、ぜひお気軽にご参加ください。

引用元:https://www.rarejob.com/englishlab/column/20151121
【英語脳】を作るには「多読」が一番?英語脳を手に入れるための英語学習法