英語学習コラム

パラレルリーディングとは??

パラレルリーディングとは

みなさんは「パラレルリーディング」を聞いた事がありますか?

「パラレルリーディング」とは、「教材の音声と同時に音読をする

つまり、英語音声を聴き取りつつ、音声スクリプトを目で追いながら、流れる英語音声に自分の声を重ねて、音声を真似る要領で英語を発話するトレーニングです。
よく「シャドーイング」や「音読」と比較される英語学習法の一つです。

一般的な英語教材はテキストだけではなく、音声が付いています。
そういったタイプの英語教材されあれば「パラレルリーディング」は簡単に行う事が出来ます。

この勉強法は「音読」に非常に似ていますが、音読との最も大きな違いとして、「パラレルリーディング」の場合、”音声と同じスピードで音読を行う”という点です。単純な音読の場合だと、音声は同時に流しません。そういった意味では、音読よりも難易度は上がりますが、学習効果は確かです。

パラレルリーディングのやり方と各ステップ毎の学習内容

1. 教材・テキストを選びます

一般的にパラレルリーディングでは、「長文の教材」を使うようにします。

そして、テキストを選ぶ際に、丁度、一ページの半分くらいの長さの長文がちょうど良いと思います。そういった長文を紹介している英語テキストは沢山あります。

ここでも、最も重要なポイントとしては「自分の英語レベルに合わせて教材を選ぶ」という事が大切になります。

2. サイレントリーディングから始める

新しいテキスト・長文を使う際に、まずは一度、声を出さないで「サイレントリーディング」を行います。つまり、テキストを読んで、内容を理解するというステップです。

3. サイレントリーディングをしながら音声を聞く

発音、リズム、スピードを確認する為に私は声を出さず、音声を聞きながらテキストを読みます。ナレーターの発音、イントネーションなどに特に注意します。

各文章の「単語の繋がり方やアクセント」をテキストに書き込んでいくのもオススメです。

4. 音声なしで音読を行う

パラレルリーディングを行う前に、まずは一度音読を行います。その際に「自分の好きなスピードで声を出して」読んでいきます。これを数回繰り返すと、単語が自然に口から出るようになってきます。

5. パラレルリーディングをスタート!

最後は、音声を流しながら音読をしていきます。つまり、このステップは「パラレルリーディング」になります。初めは、流れている音声に追いつく事がとても難しいと思いますが、何度か繰り返してやってみると、自分のリーディングスピードが速くなっていきます。そして、次第に音声と同じ速度で読めるようになってきます。

パラレルリーディングの効果

パラレルリーディングを定期的に行うと、自分の発音が矯正されネイティブに近くなります。そして、リズム、イントネーション、スピーキングの速度も自然に上達します。

パラレルリーディングを練習すると、ボキャブラリーが自然に増えます。長文を使うので、その文章の中に知らない単語が入っている可能性があるで、新しい単語を覚える機会が増えます。

そして、音声スピードについていきながらスクリプトを目で追っていく必要があるため、リーディングスキルも同時に向上させることができます。流れる英語音声と同時にスクリプトを読んでいくことによって、強制的に英語を英語の語順のまま理解しなければならないため、日本語に訳しながら英文を前後に行き来して読んでしまう「返り読み」を行わない癖をつけることができます。返り読みを行わずに英語を英語の語順通りに読んで理解できる力がつくと、英語リーディングのスピードが格段に向上します。

個人的には、ライティング力も上がりました。長文を何回も読んで返したりするので、英語の長文にある文章をパターンで覚えるので、ライティングする際にそういう文章を思い出して書けるようになりました。

ワイズマン・イングリッシュでは、最新の第二言語習得研究で効果的だと認められ、パラレルリーディングにも最適な教材を使用する『多読・多聴』を実際に体験できる無料ワークショップを随時開催していますので、ぜひお気軽にご参加ください。