学習コラム

一日たった5分で人生を変える習慣

今回は、1日たった5分であなたの人生に幸福を呼び寄せ、毎日を楽しく過ごせるようになるという魔法のような習慣をご紹介したいと思います。

ポジティブな日記を書く

「今日あったポジティブな出来事、楽しい出来事、うれしい出来事を3つ毎日書く」たったこれだけで、人生が驚くほど好転していきます。

5つのメリット

1、アウトプット力が向上する

アウトプットをする習慣が身につき、文章を書く能力も高まる。

2、自己洞察力、ストレス耐性が高まる

自分の性格や考え方の欠点、短所も客観的に把握できるようになり「心のしなやかさ」がうまれる。

3、「楽しい」を発見する力がつく

ドーパミンが出やすくなって、集中力や記憶力が高まり、仕事や勉強を続けやすくなり自己成長が加速します。

4、ストレスが発散される

悩み事を誰かに相談しなくても自分でストレスを軽減させることができます。

5、幸福度があがる

生活に対する満足度があがり、話をシェアするとさらに2〜3倍あがる。

1日5分3行からはじめる

まずは、箇条書きから始めて、慣れてきたら3つの出来事について数行ずつ詳しく書いていきましょう。箇条書き⇒短文⇒長文と徐々に増やしていくのがベストです。

毎日書く

質や量ではなく、毎日続けることで誰でも苦労せずに長い文章が書けるようになり、質も高まっていきます。

制限時間を決める

短文であれば「5分」、長文なら「10分」というように制限時間を決めましょう。

ポジティブに変換する

たとえばその日仕事でミスをしたのであれば、その対策を書くといったようにネガティブな出来事をポジティブに変換しましょう。

公開しましょう

日記が習慣化したら、SNSなどで公開しましょう。
より上手な文章を書こうという気持ちが働いて、文章力とアウトプット力が飛躍的に向上します。

ポジティブな言葉を使うだけで、仕事の業績もあがる

ノースカロライナ大学の研究で職場で話される会話のポジティブな言葉とネガティブな言葉の割合(ポジティビティ比)が3:1以上でポジティブが多いチームはビジネスで極めて高い利益を挙げ、チームメンバーの評価も高くなり、反対に、3:1を下回ったチームは会社への愛着が低く、離職率が高くなったのです。
ポジティブな言葉をつかうだけで業績があがるのであれば、つかわない手はないですよね。

英語でも日記をつける

1日3行から始めて習慣化してきたのであれば、英語に変換してアウトプットの練習もできるので一石二鳥です。英語力の向上だけでなく、幸福度もさらに上がります。たった5分間3つのポジティブな出来事を日記にするだけで、驚くほど人生が好転していくので、ほんとにオススメです。ぜひ、あなたも今日から始めましょう!

ワイズマン・イングリッシュは、長崎で学べる新感覚の英会話スクールです。英語教室や学習塾などの講義スタイルでなく、大人から子供まで英語力に関係なく学べる学習法を取り入れています。

ワイズマン・イングリッシュでは、英語レベルに関係なく楽しく英語を学習できる『SSS多読』を実際に体験できる無料ワークショップを随時開催していますので、ぜひお気軽にご参加ください。

引用元:樺沢紫苑著「アウトプット大全」より