How to TADOKU

「親子多読」のススメ

今回は、小学生未満のお子様がいらっしゃる方にオススメしたい「親子多読」をご紹介いたします。

 生後6ヶ月から始まる「英語耳」

「英語」を聞き分けることが出来る能力を「英語耳」と呼びますが、

言語の習得には臨界期があり、英語学習が遅くなればなるほど、2言語としての英語の習得は非常に難しくなるという仮説があります。

「発音の聞き分け」という点でいうと、例えば、「rとlの発音」「子音で終わる単語」の聞き分けといった、日本人が慣れていない音に対しては、早期英語教育が大事になってきます。
6ヶ月の赤ちゃんはすでに外国語の音を学習する能力があり、早期英語教育に効果があります。

「英語脳」を育む

「英語脳」とは、簡単に言うと「英語を英語のままの『語順』で意味を理解し、日本語に訳すこと無く、英語で話す」というものです。

日本語は、英語と「文法」「語順」「単語」「文字」「発音」全てが違います。
同じ東アジアの中国語は英語に「語順」が近く、「発音」も近いものがあるので、英語習得に有利でしょうし、ヨーロッパの言語では、英語と「単語」も非常に近いです。

「流暢に話す」には「英語脳」が非常に重要なため、言語習得の鍵となる「語順」だけでなく「単語」も「発音」も異なっている日本語からすると、日本人が「英語脳」を駆使できるようになるには、早期英語教育が効果的です。

 日本の英語教育の問題

日本人のほとんどは6年もしくは10年英語を勉強していますし、最近では小学校でも英語学習(外国語活動)が必修になっています。
しかし、非英語圏で英語力トップ常連の北欧の国などでは、英語学習量としては大差がないのですが、早期英語教育や英語教育の質にとても力を入れています。英語と日本語はそもそも言語として大きく異なるので、英語学習はなるべく早く始めるべきなのです。

 そこでオススメなのが「親子多読」です。

「親子多読」が効果的な理由

  イマージョン教育の効果

子どもには子どもの得意な英語学習法があります。大人のように理屈や理論に基づいたものではなく、もっと直感的に学びます。

それは、周りの「真似をする」こと。大人の話す英語を見よう見まねで話し、大人には信じられないようなスピードでどんどん吸収していきます。

ですので、子どもにとっての一番の英語習得法は、とにかくたくさんの英語を聞かせて、コミュニケーションをすること。

そういう英語環境におくために、「イマージョン教育」がとても効果的なんです。

「イマージョン(immersion)」と「浸す[浸された]こと[状態]」を言います。

ある程度年齢がいった場合の「イマージョン英語教育」というとは、ネイティブやバイリンガル英語講師が、教育を受ける側が日本語(母国語)に頼ることなく、英語のみでコミュニケーションを取る教育方法を指すのですが、幼少期は英語にたくさん触れさせるだけで大きな効果があります。

また、両親の英語に親しむ姿を見てお子様は学習し、読書をして自ら学ぶ習慣が身につくので、親子で多読をし、読み聞かせを行うのはとても効果的なのです。

兄弟姉妹がいるのであれば、一緒に始めるのもいいでしょう。お兄さんやお姉さんが学ぶ姿を見て、一緒に学ぼうとしますし、お兄さんお姉さんが先生の代わりにもなってくれます。

お子様が自ら学んでいく姿を見て、成長を感じ、あなた自身も英語を学び共に成長したいと感じるはずです。

 親子多読について

親子多読では、多読用の非英語圏の英語学習者向け絵本や英語圏の児童向け学習用絵本を使って読み聞かせを行い、たくさんの英語に触れてもらいます。

多読用の書籍には音源があるので、英語の発音がわからなくても問題ありませんし、一冊ごとにしっかりとストーリーがあるので、お子様と共に英語を楽しく学ぶこともできます。

当スクールでは、読み聞かせに不安のある方のために、親子で多読をするためのワークショップや親子多読用絵本のPDFと読み聞かせ用の動画をお届けするコースもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

また、多読については、使える英語を身につけるためには、やさしい本から始めるのがベスト!こちらにある記事でも詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。